つがりあんメロン

成分・効能

高血圧予防

メロンにはカリウムが豊富に含まれています。このカリウムは体外に排出される時、成人病・胃がんなどの要因とされている塩分に含まれるナトリウムを道連れにする性質を持っているため、体内の塩分調整に効果があります。
今話題のGABA(ギャバ:Gamma‐Amino Butyric Acid)も多く含まれています。

コレステロール低減

メロンに多く含まれるパントデン酸は、分解された脂質の代謝を調整して、コレステロール低減・脂肪蓄積防止効果があるといわれています。

美肌効果

ビタミンや繊維質が多いので、便通を良くし、肌荒れにも効果があります。

抗がん性

メロン独特の甘い香りはテルペンによるもので、テルペンにはガンなどの生活習慣病予防があるとされています。

脳卒中・心筋梗塞などの予防

アデニシンという物質の血液凝固を抑制する働きで血管がきれいに掃除され、脳卒中や動脈硬化が予防されます。

利尿効果

お酒を飲んだ翌朝などもメロンをたっぷりとると、利尿効果で早くアルコール分が抜けます。

その他の効果

メロンにはカロチンやビタミンCが多く含まれています。カロチンは、産地や栽培方法で異なりますが、100g中70μg~450μgと高い値で含まれています。ビタミンCは露地メロンで40μgとグレープフルーツや夏みかんと同量に含まれています。

メロンがお見舞いに使われる理由

メロンは少量で高いエネルギーを持っているため、病中病後のパワー回復にはもってこいの果物です。成人病一般手術後に良い果物として皆様から親しまれています。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes